昔ながらの和の要素と欧米のテイストとを組み合わせた和モダンの住宅

今ではすっかり目にする機会が減ってしまった和風住宅ですが、それでもどこかで偶然に目にしたときのあのホッとするような気持ちは、やはりに日本人ならではの感情なのでしょうか。和風住宅の特徴として挙げることができるのは、畳を使った和室が部屋のほとんどを占めるということでしょう。そして、もちろんそれらの部屋は障子で仕切られまといえます。
田舎へ行けば未だにこうした和風住宅を見ることができますが、都会では注文住宅で造る以外は手にすることは難しいと言えるでしょう。建売住宅ではあまり見かけません。今、都会での住宅のスタイルというものは、そのほとんどが洋風住宅です。このように洋風住宅がどんどん普及してくると、美しい和の要素というものは徐々に消えてしまいます。
洋風住宅の特徴は、床はフローリングや塩ビシートで仕上げたもので、畳は一切使いません。また、柱や梁などはすべて見えなくなってしまいます。ようするに室内に木材が見える割合もなくなってきているわけです。そこで何とか和のテイストを色濃く残せないものかと考え出されたのが、和と洋の要素をバランス良く取り入れた和モダンでした。和モダンの住まいは専門業者に依頼すれば、注文住宅として造ることができます。

長く住む家だからこそ和モダンを取り入れよう!

家というのはおそらく人間にとっては最高額の買い物になるため、その購入は慎重に行わなければいけません。気に入らない部分があればリフォームをしてもいいのですが、リフォームをするとその期間は自宅に住みにくいなどの弊害が発生してしまうので、できれば最初から自分の気に入るような住宅にするべきです。
そのためには建売住宅のように既存に立っている住宅に自分の興味を当てはめるのではなく、自分が本当に欲しいものを作ってもらえる注文住宅の方が価格的に高くなったとしても住環境は最適になってきます。
最近は純和風の家になると固くなりすぎるということから洋風な構造を取り入れた和モダンという注文住宅も増えていて、これは和風と洋風の住宅のいい部分を取り入れたある意味贅沢な構造と言えます。
若い世代の人では和風は古臭いとして洋風を好む傾向が強くなりますが、それでも畳の部屋は一つくらいは欲しいと日本人としての心は失っていませんので、外装は和風か洋風のどちらかになりますが、内装に関しては和モダンでいきましょう。そのためにはどちらの建築方法にも精通している専門業者に依頼した方が確実で最高のものを提供してくれるのでしょう。
家というのは数年で住み替えるという賃貸とは違うのですから、そこには個人の考えを存分に入れてもいいものです。

UPDATE LIST

2018年08月27日
予算の範囲で最適な和モダンハウスを建てることも可能を更新。
2018年08月27日
注文住宅なら望みの家に限りなく近いものが手に入るを更新。
2018年08月27日
自分のライフスタイルを反映させた家づくりの方法を更新。
2018年08月27日
業者に頼むときは過去の施工実績を確認を更新。

ARTICLE

予算の範囲で最適な和モダンハウスを建てることも可能

和モダンの住まいは専門業者へ依頼を 最近注目されている住まいとして、和モダンの…

More...

注文住宅なら望みの家に限りなく近いものが手に入る

昔ながらの和の要素と欧米のテイストとを組み合わせた和モダンの住宅 今ではすっか…

More...

自分のライフスタイルを反映させた家づくりの方法

日本の伝統と欧米の華やかさを併せた和モダンの注文住宅 人が住まいに求めるものは…

More...

業者に頼むときは過去の施工実績を確認

和モダンな家を建てたいなら注文住宅で叶えよう 古民家を現代風にリノベーションし…

More...

トップへ